私のために争わないで【トイプー櫻第2話】

ヒトは、一生のうちに3度モテ期が訪れるという。

そう。今がその時・・・!

おおやサンにモテ期到来!

私、今めっちゃモテてる!

櫻をナデナデしていると、

「ずるい!ずるい!くうもー!くうもなでてーーー!」

と、しきりにアピールしてくる くう。

くうが甘えてお膝の上にのぼってくると、ヤキモチ焼きの櫻が

全力で くうを ぶっとばす。

そして2匹は私のお膝をめぐって戦うのであった。

そんな時、私は思う。

「私のためにケンカはやめてー♥」

乙女なら一度は言ってみたいセリフであろう。

取っ組み合いの2匹に困ったそぶりを見せつつも嬉しさを隠しきれない。

(私のこと、そんなに・・・? ♥)

だが現実は甘い夢を長くは見せてくれない。

モテ期の終わりを告げるベルが鳴る。

ピンポーン。

「櫻、くうちゃん ただいまー!」

みかんさんのお帰りだ。

バビューン!!!

私を巡る争いはどこへやら。

しっぽをちぎれんばかりにフリながら みかんさんのもとに走る櫻とくうであった。

モテ期終了。

だがしかし、明日も必ずモテ期が訪れるはず。

ワンコライフが続く限り、モテ期は永遠だ。

うふふ♥

(そして争いも絶えないのだ)